やっぱり整理整頓

私の読者はほとんどがフリーランスまたは将来フリーランスになろうと考えている方だ。

そのため、仕事場が自宅兼作業場という方も多いと思う。

今日はそういった方のために仕事場の風景についてお話ししたい。

 

結論から言うと

 

「仕事場がごちゃごちゃしている職場は仕事が遅い」

 

これは組織のトップである経営者に責任があるのだが、

個人の考え方にも大きく依存している。

 

私は仕事柄、経営者の仕事場へお邪魔して試算表や決算書の説明をする機会が多かった。

その中には、

 

会社に入った瞬間なんとも言えない心地良さを感じ、

ここなら社員やお客様も満足のいく仕事や商談ができるだろうなと感じた一方で

 

会社に入った瞬間、なんとも言えない居心地の悪さを感じ、ここなら社員の仕事が遅れたり、

ミスが増えるだろうなと感じずにはいられない仕事場があった。

 

書類が机の上に収まりきらず、棚や床に散乱しており書類の雪崩が起きようものなら

一瞬にして他の会社と混ざってしまうような危険性を秘めていた。

当然のことながら、机の上が整理できないのでデスクトップも整理できていない。

こういった環境で仕事をしているとまず仕事の優先順位が付けれなくなってくる。

 

本来急ぎの仕事があるにもかかわらず、

「まだ大丈夫。周囲も仕事が遅れがちになっているし私だけじゃない」

「お客様も私たちが忙しいのは分かってくれているから、なんとかなるはず」

といった自分勝手な理由で優先順位が付けれなくなっていき、他の仕事が舞い込もうものなら

もはやあきらめの境地だ。

 

これを読んで「やばっ」と感じた読者は早速今日から片づけを始めよう。

半年以上使わなかった会議の補助資料、お客様からお預かりしているコピーして返却する資料、

前任の担当者が続けてきた不要な業務。

数えきれない程あるはずだ。

 

昨今はペーパーレス化も進んでいるためこの機会に検討してみるの良いだろう。